当事務所の沿革

弁護士法人 本田正幸国際法律事務所は,個人、中小企業が直面する国際事件を専門とする法律事務所です。

弁護士の本田正幸が、一般民事の事務所及び渉外事務所で勤務した後に、アメリカのUCバークレーに留学し,帰国後の2002年に,前身である「本田正幸法律事務所」を設立し,2016年6月1日に法人化いたしました。
 

渉外・国際事件の場合、今までは外国と貿易を行ったり、海外に進出する大企業の法律問題について、多数の弁護士を擁する大規模な渉外事務所が扱う分野というイメージがありました。

しかし、グローバル化が進んだ現在では、大企業に限らず、個人や中小企業においても損害賠償や交通事故等も含む民商事や刑事、国際離婚や相続等の分野で国際的な法律問題に関わることが増えてきていると言えます。それだけではなく、上記の事件は相互に関連する法律問題を含み、その中には子どもの権利、消費者被害、被疑者・被告人の権利など人権問題にかかわる国際的な事件の側面も含まれていることが多々あります。

このような分野では、従来の渉外事務所の専門分野・コストで対応することは容易ではなく、一般民事・刑事等の経験も有しながら外国語に対応し、国際事件に特有な法律問題にも総合的に対処できる法律事務所が必要であり、当事務所はそのようなコンセプトで設立され、外国の法律事務所や外国法事務弁護士とも協働しつつ、現在まで上記の分野で多数の経験を積んできました。

 

また、当事務所の特色としましては、国際事件であるがゆえに国内の事件以上に困難で労力がかかる事件についても積極的に受任し、余分な通訳費用や翻訳費用をかけず、国内事件とほぼ同様の弁護士費用で対応してきていることにあります。従いまして、個人の方や中小企業であっても、気軽に国際的な法律問題のアドバイスを受けられる事務所を目指しています。

加えて当事務所では、国際的な業務を通じて得た経験を活かしカンボジアやイラクへの国際司法支援、国際人権にかかわる活動等の国際的な公益に積極的に貢献する活動を通じて社会に貢献することを心掛けています。

 

今後も上記の国際的な法律分野及び国内事件におけるサービスの向上、国際的な公益への貢献をより一層行って参ります。

もし、お悩みのことがございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。英語・その他の言語での対応も可能です。

当事務所の特徴

tokucho_brown01.png個人・中小企業の国際事件の専門事務所

 

当事務所は、2002年の設立以来、10年以上に渡って、我が国では珍しい個人・中小企業の国際事件を専門とする事務所として、多数の国際事件を扱ってきました。「事務所全体」で国際事件の経験・ノウハウを蓄積し、国際事件のプロフェッショナル事務所として、事件ごとに適切な見通し・対処方法をアドバイス致します。

 

tokucho_brown02.pngリーズナブルな弁護士費用

 

多数の弁護士を抱えた大事務所とは異なり、個人・中小企業でも安心できるリーズナブルな弁護士費用で対応します。

 

tokucho_brown03.png国際事件の総合的解決・他の専門家との協同

 

国際事件において通常問題となる国際裁判管轄や準拠法、在留資格の問題等に対応し、事件に関連する国際税務、外国法等についても、提携している国際税務の専門家や外国法律事務所と協力して総合的に解決することが可能です。

 

お問合せ・ご相談はこちら

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL :03-6455-1273

受付時間:平日9:30〜17:00

お問合せフォームはこちらへ

刑事事件・緊急性の高いご相談はこちらへ(土日祝日・時間外対応)

▲このページのトップに戻る