離婚その他の家事事件

裁判前の交渉・調停

着手金 440,000円〜
報酬金 440,000円

※ただし、事前に調停前に合意書を作成し、調停期日1回で離婚が成立する事案の場合には、

着手金・報酬金を330,000円〜とします。詳細につきましては、お問合せください。

家事審判・訴訟

調停からの継続案件の場合は、調停の着手金に110,000円のみを追加します。

着手金 550,000円〜
報酬金 550,000円〜


中間着手金

事件終了までに半年以上を要した場合、半年経過毎、手続きごとに中間着手金として110,000円を加算いたします。また、報酬金にも同額(半年毎,手続きごとに110,000円)が加算されます。


 婚姻費用,養育費に関する事件につきましては、減額をいたしますので、お問合せください。

財産分与・慰謝料など、財産給付が争点となる場合、上記費用に加えて、依頼者と協議のうえ、

  経済的利益による下記算定表の金額の範囲内で加算金が発生します。詳細はお問い合わせ下さい。

▲このページのトップに戻る